今すぐ借りたいならどのキャッシング?

できれば銀行系カードローンにしたいなぁ

金融機関のカードローンは、消費者金融系と銀行系と2つに分けることができます。どちらが有利かと言えば、銀行系カードローンです。総量規制の影響も受けないし、融資限度額が高いことで金利も低くなります。また、コンビニATM利用手数料も無料のことが多いです。しかし、審査が厳しいです。これは銀行と保証会社の2重の審査をしていることや金利が低いためリスクを取れないことが理由です。

総量規制がないとこんなことができる

銀行系カードローンは、消費者金融のように総量規制の影響を受けません。そのため、自身の判断により融資限度額を決めることができます。イオン銀行カードローンBIGのように「専業主婦の方でも50万円まで利用可能」という芸当は消費者金融にはできません。

また、銀行は信用力がある人に対し、年収の3分の1どころか半分程度まで融資限度額を設定することができます。ある程度の年収がある正社員の方であれば、消費者金融でカードローンを申し込むより、銀行で申し込んだ方が融資限度額は高いでしょう。カードローンの金利は融資限度額と反比例していますから、金利も安くて使い勝手のいいカードローンになります。

銀行系カードローンの利率が低い理由

銀行系カードローンの最高金利は消費者金融より低いことが多いです。これは銀行系カードローンの大きなメリットだといえるでしょう。一般的な消費者金融の最高金利は年利18%なのに対し、イオン銀行カードローンBIGは13.8%です。

これは、消費者金融が銀行から融資を受けて貸し付けているのに対し、銀行は一般大衆からタダ同然の低い利率で預金を預かっているためです。消費者金融が小売とすれば、銀行系カードローンは卸売と例えればわかりやすいかもしれません。もちろん銀行系カードローンは、消費者金融より後にカードローンを始めているため競合上低利率にするしかないのも一つの理由と言えます。

審査が厳しくなる理由

とはいえ、銀行系カードローンの審査は厳しいと言われています。実際に銀行系カードローンの審査に落ちた人が、しばらくしてから消費者金融に申し込んだらすんなり通ったという話を聞くことが多いです。

これは、皮肉なことに銀行の低利率が一つの原因です。金融機関が審査をする際に一番気にするのは回収可能性です。貸し付けた資金を回収できるか否かは大きな審査のポイントです。そして、同時に万が一貸し倒れたらどうするかという点も大きなポイントです。

消費者金融は、比較的貸倒の確率が高いため、高めの金利を設定しています。そのため、貸倒が生じても対応しやすいです。リスクを取れるわけです。これに対し、銀行系カードローンは金利が低いです。そのため消費者金融と違って貸倒が生じるとダメージが大きく、リスクを取りにくいのです。結果として、銀行系カードローンは消費者金融より審査が厳しくなってしまいます。

銀行系カードローンの審査に通る人

とはいえ、銀行系カードローンの審査に通る人は存在します。そのほとんどは会社の正社員です。一概に年収が高いとは言い難いのですが、収入の確実性がある人が銀行系カードローンの審査を通過します。

しかし、中小の銀行系カードローンでは、消費者金融でも審査に通りにくい派遣の仕事をしている人が、たまにですが審査に通ることがあります。銀行は取引期間が長い顧客を優遇する傾向があります。長年の取引先は大切なので銀行はそのような顧客を「支援」するのです。そんな銀行系カードローンの審査に通ろうとした場合、一番の方法は取引期間が長い銀行を選ぶことと、その銀行で給与振込をすることです。そして、他の消費者金融などのカードローンやクレジットカードのキャッシング枠をすべて解約することです。

こうすることで銀行の審査で余分な制約がなくなり、審査がスムーズに進みやすくなります。

まとめ

銀行系カードローンは、消費者金融系より何かと有利な条件で借りることができます。その反面、審査が厳しく簡単には契約できないのも現実です。自分でできることは限られるかもしれませんが、できることをしたうえで審査に臨むことをお勧めします。

銀行カードローンの特集

© 2015 今すぐ借りたいならどのキャッシング? All Rights Reserved.