今すぐ借りたいならどのキャッシング?

審査では他社借入件数が重要な基準?

キャッシング審査にはたくさんの基準があるようですが、その中の他者借入件数というのも重要な基準となるものです。他者借入金額という、他社からいくら借りているのかということも聞かれると思うのですが、それよりも重要なのが、この他者借入件数となります。

この他者借入件数がいくつだったら、審査に通過しないのかという明確な数字はないものの、おおよその数値はあるようで、借り入れの件数が4件になると審査を通過するのは難しいかもしれません。

審査基準にもよりますが、3件でも難しいとされている会社もあるようです。1件や2件であれば、審査基準にもよりますが、まず問題ないと思うので気にしなくていいでしょう。

しかし、これはあくまでも一つの審査基準というだけで、借り入れ件数が4件なら即アウトということではありません。例えば、勤続年数がしっかりと3年くらいあり、さらに既婚で持ち家があるなんて言う場合には借り入れ件数が4件であろうと、審査に通過する可能性は十分にあります。

ちなみにクレジットカードショッピングや住宅、自動車のローンは他者借入には含まれず、件数にカウントされることはありません。他者借入件数にカウントされるのは、あくまでもキャッシングやカードローンなどの、いわゆる無担保のものだけになります。

もし、住宅ローンなどを借入件数に含んで考えてしまっている人は、一度整理しなおしてみることで、借り入れが出来るようになるかもしれません。借入件数をなんとか少なくする方法としては、いくつかの借り入れをまとめてしまうという方法が一番早いでしょう。

これは借入件数を少なくするだけでは無く、さらに返済の回数も減るというメリットを持っているので、借り入れ件数が多くてもやもやするなんて場合は是非検討してみることをオススメします。

もちろん借入件数だけでは無く、借入金額が年収の3分の1以下である必要はありますので、これだけは常に意識しておいてください。

© 2015 今すぐ借りたいならどのキャッシング? All Rights Reserved.